マンションで防犯カメラを設置

防犯カメラをマンションで導入するとどんなメリットが得られるのか?

犯罪を防止する目的や犯罪の証拠を得るために、複数の居住者が住むマンションでは、防犯カメラを設置するのが一般的になっています。
例えば、犯罪の抑止力。居住者のマナーの向上。証拠としての映像。資産価値の向上などがあります。
今回のテーマは【マンションで防犯カメラを導入するメリット】です。
 
1番目は、犯罪の抑止力です。
強盗・泥棒などの犯罪者は、逮捕されることに恐怖心を持っていますから、安全に仕事ができるかを必要以上に意識しています。
犯罪を起こしている映像が残ってしまうと確実な証拠になります。
そういったリスクがある建物はできるだけ避けるようにします。
 
そこまでのリスクを取る必要はないですし、もっとリスクがない物件を探します。
まだまだ防犯カメラが設置していないマンションも多いからです。
マンションの場合は、はっきりと監視カメラであるモデルが人気になっているのも抑止効果を期待しているからです。
 
2番目居住者のマナーの向上です。
ゴミ捨てのマナーやポイ捨てをすることがなくなります。特にゴミ置き場に捨てるのは防犯上毎日鍵を開けていないマンションも多いです。
粗大ゴミは、決められた日に出すことが決められています。そんな決まりがあっても「誰も見ていない夜ならばバレないだろう」と思ったりします。
 
ですが防犯カメラがあれば、すぐに調べられます。気の緩みがでてくると住環境が悪くなります。
マナーが悪い人を注意することで思いがけないトラブルや事件に発生することもあります。
人間トラブルになってくるとマンションのイメージも悪いです。
 
防犯カメラが設置してあれば、カメラに記録されてしまうということでマナーが向上します。
結果的に住みやすいマンション環境を維持することができます。
 
3番目は、証拠としての映像です。
マンション内で事故や犯罪が起きる可能性はゼロではありません。
そんな場合に困るのが、発生した原因や真相が分からないことです。きちんとした対処をするには原因追及が不可欠です。
原因が不明ならば、いらぬ憶測が飛び交うこともあります。
 
トンチンカンな対策を講じても無駄になるだけで居住者に迷惑がかかることもあります。
そんな場合に証拠である監視カメラの映像があれば、時間の解決も早いです。間違いのない対策を講じることができるメリットがあります。
 
4番目資産価値の向上です。
セキュリティーが高いマンションは、資産価値が上がります。
中古マンションを売却するような場合でもセールスポイントになりますから、評価額もあがります。
同じ地域のグレードのマンションでも、防犯カメラのシステムがあるマンションのほうがニーズも高いです。
防犯カメラの設置費用以上の金額の差がありますから防犯カメラシステムを導入するメリットはあります。
 
いかがでしたでしょうか?
マンションで防犯カメラを導入するメリットについて説明しました。
これ以外に訪問販売のセールスマンを寄せ付けないようにすることです。
行動が記録される建物には近づかない傾向にあります。悪徳セールスの被害を防止することも期待できます。

マンションの防犯カメラ